路上詩人をやってみた

本日は9月から学んでいる、路上詩人を実際に路上でチャレンジしてきました。そんなレポートです因みに路上詩人とは、書き下ろしてほしい人を見てインスピレーションでメッセージを書き下ろします。

路上とは普段僕たちが通りすぎる道なんですが、日常ですと何か目的があって路上を歩くわけですが、路上詩人を行う時にはその路上に座り込んでメッセージを書くわけなんです。

いざ路上に座ろうと思うと、人の目線やら、ここに座っっていいやら、意識が不安と期待の視点になるわけです。

そこで、「やってみよう。」と勇気を出して奮起して、周りを気にしながら路上に座ることに成功しました。

路上に座るときは、繁華街を歩いてこの辺なら良さそうな所を探して座り、準備をするわけです。

テーブルやら、紙やら筆やら路上詩人に必要な道具を準備してました。

そして良いよ、準備完了して、書き下ろしをしようと思った矢先に、気付いてしまったのです。

書き下ろしに必要な肝心の墨汁がないことに、思わず苦笑い。

やってもうた!!!!!!笑 泣

そそくさと片付けをしてその場を離れる僕でした。

次はリベンジを誓った路上詩人デビューでした(笑)

作品12

投稿者プロフィール

ジミー
40代サラリーマン
ブログをきっかけに、自分らしい新しい生き方を
模索中
日々の楽しいいことや、気づいたこをお伝えしたいきたいと、
思います。

詳しくはこちら