四柱推命を学んで早くも10ヶ月となりました。

僕は四柱推命を学び始めたのが、今年の1月からでした。自分の人生の経験を踏まえて、人には何かしらの運気があるものだと思ったのが、学ぶきっかけでもありました。

さて、学びの進捗状況ですが、基本の用語などを学び、今は命式を問題を日々問いる状況です。

命式とは、生年月日から生まれた時間で、その方の運気や性格、適正、相性を適職などを知ることができ、8字の文字が書かれているもので、その8時の文字で占いをするのです。

学んできて痛感することは、四柱推命の解釈の難しさです。一つの処理を間違うと、全く違う解釈になってしまうのです。

例えば身強の内格と身強の従格では、同じ身強でも解釈の仕方が全く相反するので、命式の意味が違うものになり、良い命式が悪い命式の判断にもなりうるのです。

そのような細かい判断が沢山ありますので、より精度の高い占いができるのです。この四柱推命をマスターしたら面白いように人の事が占えるようになると思います。これからもコツコツ学んでいきます。

投稿者プロフィール

ジミー
40代サラリーマン
ブログをきっかけに、自分らしい新しい生き方を
模索中
日々の楽しいいことや、気づいたこをお伝えしたいきたいと、
思います。

詳しくはこちら