イヤーコーニング初体験、リラックスしたい方にオススメです。

イヤーコーニングを知人から紹介され初めて体験しました。イヤーコーニング第一人者の近藤真澄さんのセッションを受ける事ができました。

まずイヤーコーニングとは、古くから世界中の多くの文化で取り入れた神秘の療法で、古代では特別な地位の人が受けられる特別な療法で、心と体の浄化の為に行われたようです。

イヤーコーニングでは長い筒状のコーンといわれる筒を耳に差しいれ、コーンの先端を燃やし、煙が耳に入っていくといゆう療法です。

早速体験したレポートです。僕は初回なので、まほろコースでした。

まず横になりお臍にコーンを燃やして始めます。体験としては、お臍が暖かいなと感じていました。特に他に変化を感じるものはありませんでした。

次は右耳でイヤーコーニングを行ます。右耳にコーンエオ入れ燃やすと、チリチリ、パチパチとコーンが燃える音が聞こえています。

セッション中は眼を閉じていますので、真っ暗なのですが、暗闇の中でも目は慣れてはくるのですが、目の錯覚ともいわれるかもしれませんが、紫色の見たいのがユラユラ揺れているのです。

広がったり縮んだりしていました、しばらくすると、その紫の光は見えなるのです。その後に、突然、水晶を大事に持っている子供が見えました。

僕は習慣として、瞑想を取り入れているのですが、瞑想の時には見た事ない光でしたのでビックリしました。またそのような子供も見る事もありませんでした。そんな体験を右耳でしました。

そして次は左耳でイヤーコーニングをするのですが、期待はしていましたが、その時はコーンが燃えているだけ音だけで終了となりました。ただコーンの燃える音は癒される音は間違いなと思いました。

計3本でセッションが終了なのですが、僕の体験として右耳の方が早く燃えている感覚がありましたが、実は左耳の方が早く燃えていたようでした。

また紫色の光が見えたり子供が見えた事を話すと、人によって体験は様々なようです。セッションの時間もあっという間に過ぎてしまった感覚でした。

是非、心身のリラックスをしたい方、何か新しい体験をしたい方にはおすすめです。

投稿者プロフィール

ジミー
ジミー
40代サラリーマン
ブログをきっかけに、自分らしい新しい生き方を
模索中
日々の楽しいいことや、気づいたこをお伝えしたいきたいと、
思います。

詳しくはこちら