あり金は全部使え 堀江貴文 書評

本日は、あり金は全部使え、堀江貴文さん(ホリエモン)の紹介です。

ズバリTHA ホリエモンって感じの本です。

ホリエモン好きの僕としては、本の内容的には、決して目新しい内容ではありませんでしたが、ホリエモン節の刺激的な内容です。

お金の使い方についてですが、ホリエモンのお金の使い方は、楽しいこと、お面白いこと、人に投資しているんだなと感じました。

貯金一つにとっても貯金をせずに、遊びや飲み食いや人とその時に楽しめる体験に、あり金を使う投資的な発想なのかもしれないです。

性分的に、貯金好きではないのもあるけれど、活きない貯金を守るより、活きたお金を使った方が、絶対に楽しくて幸せだと信じていた。

この本では特に活きたお金を使うことが大切、楽しい事や興味のある事に没頭していく事で人生を豊かにして、新しい仲間と遊びや仕事できるのではないでしょうか。

この書評を書いている自分も、以前ホリエモンの本(ゼロ)を読んだのがきっかけでブログを始めた一人でもあります。

何かを始めるのに早いも遅いもないですが、やはり、やらないリスクはやっぱり大きでいです。ブログを初めて見える世界が変わったのは事実で、またブログを通して新たな仲間も増えました。

今からの人生何をチョイスするのかを問われてる本でした。

僕は、楽しい事と仲間に囲まれる人生をチョイスをして生きます。

投稿者プロフィール

ジミー
ジミー
40代サラリーマン
ブログをきっかけに、自分らしい新しい生き方を
模索中
日々の楽しいいことや、気づいたこをお伝えしたいきたいと、
思います。

詳しくはこちら