信長を殺した男 書評

僕は子供の頃から好きな一つとして、歴史が好きなんです。その中で戦国時代は特に好きな時代の一つなのですが、その戦国時代のエピソードで今も真実が闇のままの出来事の一つが「本能寺の変」です。

定説では、本能寺の変は、家臣の明智光秀謀反によるものとされていますが、その他にも、朝廷説、家康説、秀吉説と様々な陰謀説があります。

勝てば官軍と言われていますが、勝者が歴史を書いてきますので、真実はまだ、まだ闇の中です。

その中で今回紹介したいのが、「信長を殺した男」です。明智光秀の視点で当時の乱世の人間ドラマが描かれています。

この本では、原案の明智 憲三郎氏(明智光秀の子孫)の情報の元に描かれています。

本能寺の変の真実は、秀吉を英雄に光秀は逆賊に歴史が書き換えられたと。続きが読みたくなる漫画本です。

投稿者プロフィール

ジミー
ジミー
40代サラリーマン
ブログをきっかけに、自分らしい新しい生き方を
模索中
日々の楽しいいことや、気づいたこをお伝えしたいきたいと、
思います。

詳しくはこちら