革命のファンファーレ 書評

本日の書評は

革命のファンファーレ

革命のファンファーレ 著者 西野亮廣

この本は著者の実体験の元、今までのビジネスのあり方を覆している事を証明している。

規制の概念のない自由な発想とそれに伴う行動力、そいしてそれを後押しするクラウドファンディグとオンラインサロンなどテクノロジーの進化で世の中の価値が変わってきている事をものがたっている。

この本を読んで時代の変化に敏感に生きた方がより楽しく、自分らしい人生が遅れるものだと思いました。

ちなみに本の表紙を取ると

革命のファンファーレ

えんとつ町のプペルの絵が書かれてる、ワクワクする演出です。

投稿者プロフィール

ジミー
ジミー
40代サラリーマン
ブログをきっかけに、自分らしい新しい生き方を
模索中
日々の楽しいいことや、気づいたこをお伝えしたいきたいと、
思います。

詳しくはこちら