虫垂炎日記 2日目

入院中で、兎にも角にも自分が嫌だったのが、バルーンカテーテルでした。手術の腹部の痛みも辛いものでしたが、男性ならわかる違和感はなんともいえない遺物感でもありました。

看護婦さんから二日目には、バルーン抜けますよとお話しがありました。昨夜ただ寝ている時には、痛みはそれほどではないですが、バルーンの違和感と痛みがあり、陰部が引っ張られる感じがして、位置を調整してもらうと痛みが軽減してましたが、やっとバルーンが抜けると開放される嬉しい気持ちでした。

やっぱ排泄は自然に自分で排泄したいものです。実際バルーンを抜く時は、大きく吸ってはいてに合わせて、抜いてくれるのですが、抜かれる時の違和感がMAXでした。なんとも言えない、男子なら分かる感じでした。

やっと二日目の昼から食事が始まりました。流動食でしたか、久しぶりに飲む水分と、口から食べれることが、何より幸せでした。人はやっぱり口から食べるのが基本だなと、身をもって実感したものでした。

 

投稿者プロフィール

ジミー
ジミー
40代サラリーマン
ブログをきっかけに、自分らしい新しい生き方を
模索中
日々の楽しいいことや、気づいたこをお伝えしたいきたいと、
思います。

詳しくはこちら