虫垂炎(盲腸)日記  腹痛編 1日目①

7月になり急遽、実家に帰る用事があり帰省することになったのですが、まずは、仕事を片付けて荷造りをして、出発なんですが、如何せん、お腹の調子が悪いのと、数日前のぎっくり腰の痛みもあり、お腹と腰の絶不調のコラボレーション状態でした。

事の始まりは、仕事の昼食時にお腹の違和感がありました。胃の辺りがなんだか変、初めては何か食べ過ぎかな?程度でした。

そして、仕事が終わり、夕食を食べ、実家に帰る為に荷造りなどをしていたんですが、どうにもお腹の違和感おさまらず、寝れば治ると思い、その日はそのまま就寝をしました。

その翌日ですが、やはりお腹の違和感は継続中、これはストレスで胃がやられたなと思い、近くの病院に受診をしました。

その時には、胃腸薬を処方してもらい、それを内服し実家に帰りました。実家に帰る車の中でも不調継続中、改善されず、実家に無事に帰省し家族と夕食を食べる時は、飲み食いできる状態では、比較的症状も落ち着いていました。

翌日の朝方からお腹の違和感が強くなりました。薬を飲んでも痛みが良くならず、その内に冷や汗も出てきて、少し微熱もあり、これは何かあると思い、病院に受診することになりました。一件目のクリニックでは、発熱と冷や汗があるなら、大きい病院で検査した方が良いとの事で、直ぐに総合病院に受診に、

しかし!

外来は午前11時で受けつけ終了!

え!

と思いながら、お腹痛いんで診てくださいとお願いし、やっとの事、受診を事になりました。受診するまでに初診なんで書類を書くことが沢山、あっちでも、こっちでも書いたり聞かれたり、腹が痛くて、書いたり、受け応えするのも辛かった。

やっと先生に診てもらう事ができ、診察すると、僕の感覚ですと痛みが胃の周辺だと思っていましたが、先生が右下腹部を押すと、ここ痛いでしょと、おそらく盲腸ですよと、これから採血と、CTをとります。

僕はどうなってしまうのかしら~

投稿者プロフィール

ジミー
40代サラリーマン
ブログをきっかけに、自分らしい新しい生き方を
模索中
日々の楽しいいことや、気づいたこをお伝えしたいきたいと、
思います。

詳しくはこちら