伊勢神宮(内宮編)オススメ参拝ポイント 其の壱

前回の伊勢神宮外宮からの内宮(皇大神宮)を紹介したいと思います。外宮の参拝が終わるとよいよ、内宮に参拝となります。伊勢神宮は正式名は神宮です。伊勢にある全ての神社を総じて、伊勢神宮です。

伊勢神宮を参拝してつくづく思う事は、僕たち日本人は自分の国の歴史を知らない国民なんだと思いました。この神宮とは古事記の時代即ち、神話の世界から天皇の歴史、国作りの歴史が脈脈と受け継がれ、2000の歴史をもつ現在進行系の神社であることです。世界に類を見ない稀有な神宮なのです。それ即ち私たち日本人のアイデンティーになのです。

さて神宮を紹介したいと思います。

内宮1

内宮鳥居

内宮入り口は混雑してます

さざれ石

国家の君が世はの「さざれ石に〜」の石です。

松の木

大正天皇が寄進した松の木です。

石畳

五十鈴川の石畳、徳川綱吉の母、桂昌院が寄進されたとの事です。

因みに正式なお清めは(手を洗う、口をゆすぐ)五十鈴川で行います。

こちら瀧祭神は五十鈴川を守っています。因みに神宮で個人的な願いができる場所です。個人的な願いをする場合は「〜県から来ました。〜です。」と挨拶をしてから願うと良いとのことです。

投稿者プロフィール

ジミー
ジミー
40代サラリーマン
ブログをきっかけに、自分らしい新しい生き方を
模索中
日々の楽しいいことや、気づいたこをお伝えしたいきたいと、
思います。

詳しくはこちら