疑う力 堀江貴文 書評

久しぶりの書評です。最近読書するペースが落ち気味でした。

ホリモンの最新刊が発売されていましたので早速読んでみました。

この本には、現在の日本の社会問題から世界から宇宙までの幅広い切り口で書かれている。

しかも疑う力で書かれています。

この本を読むといかに、常識が非常識な事がわかりますし、世間一般の常識に

翻弄されている人々が多いことがわかる。

しかし、この堀江さんの著書でさえ疑う力で見るべきである。

一つの意見や情報に囚われづ、自分で確認して広い視野で判断していきたいです。

投稿者プロフィール

ジミー
ジミー
40代サラリーマン
ブログをきっかけに、自分らしい新しい生き方を
模索中
日々の楽しいいことや、気づいたこをお伝えしたいきたいと、
思います。

詳しくはこちら