運の良くなる生き方 書評

今回の書評は、「運の良くなる生き方」西中務

本 運の良くなる生き方

この本に書かれている事ですが、筆者は弁護士をされており。日々相続争いや離婚問題など様々な人間の生き方を弁護士として関わり、弁護士の体験を元に運の良い生き方の提案が書かれている。

この本で特に感銘をう受けたのは、ハガキや手紙を頻繁に書いているといゆうこと、手書きで書く事により運が良くなると、現代はテクノロジーの進化によりメールやライン、ブログなど、誰でも簡単に文字や文章をか書けるが、手書きのようにその人の個性や、思いなどがより伝わるのが、手紙などのアナログツールです。

これからの時代テクノロジーの進化していくが、アナログでできる大切な事も沢山あります。手紙で運が良くなるなら実践する価値があると思います。

 

投稿者プロフィール

ジミー
ジミー
40代サラリーマン
ブログをきっかけに、自分らしい新しい生き方を
模索中
日々の楽しいいことや、気づいたこをお伝えしたいきたいと、
思います。

詳しくはこちら